市民酒場ボナパルト

ウィスキーを中心とした生活。のハズだがウィスキーと無関係なことも多い。

トーモア

なかなか味のイメージが難しい蒸留所だと思います。ちなみに蒸留所自体の外観はとてもカッコよく一見の価値あり。平原に忽然と佇む館のようなみたいな感じです。

www.google.co.jp
イメージに残っているトーモアといえば、2014年頃にゴードン&カンパニーから出ていたパールズオブスコットランド 1995の18年とか…。アレは良かった。

というわけで、今回はこちらのトーモアを飲みました。

f:id:pure_malt:20201019002755j:plain


70年代の初期ボトルの10年。青リンゴの匂いとグレープのような麦芽の甘さと伸びがとても印象的。シェリー感もすばらしく陶酔感があります。極めてうまい!

いわゆるこのグリーンボトルですが、ザガッティを見てみると、ショルダーに「Years 10 Old」では無く、「TORMORE」となっているもの、中央部の「PURE MALT 100%」が「SPEYSIDE MALT SCOTCH WHISKY」表記となっているものなどがあるようです。